Xデーは突然に・・・

おはようございます!yusakimiです♪

red-airplane-picjumbo-com

ついにやってきてしまいました・・・Xデーが・・・

 

7月13日 夜

いつものように仕事を終えて、娘のいろいろを済ませて、はぁー疲れたーと休憩しているところに夫帰宅。

最近いつも死にそうな顔して帰ってくるのですが、なんだかいつにも増して顔が・・・疲れている。。大丈夫かこの人は・・・

と思っていると

 

「俺、今回異動かも・・・」と。

 

・・・・・・・・・・・・

 

え?

なんですと??

「上司にさ、お前次って東京希望だっけ?っていきなり聞かれて。。明後日異動発令日なんだよな。

 

明後日・・・?

引っ越しを伴う場合には4,5日前に正式に内示があるはずでは・・・?

 

「そうなんだよ。さすがにあなたも復職したばっかりで◯◯も保育園入ってるし、異動は4月でお願いしますって言って、90%大丈夫って言われてるし、あるにしてもいまの上司配慮してくれる人だと思うから、さすがにないと思うんだけどね・・・」

 

そう?まぁわたし、あなたの会社の上司と呼ばれる人たちを全く信用していませんが・・・

そんなことを思いながら、まぁそういうなら今回はなさそうだねー勘違いじゃない?と流して就寝。

 

7月14日

いつもと変わらない朝。

一応家を出る夫に、万が一異動がわかったら速やかに教えてねと伝える。

 

そしていつもの通り仕事をして

さてーそろそろお迎え行かないと・・・と準備して

帰り際PCを片付けながら携帯をチェックすると・・・

 

「明日、異動です。東京に行くことになった。」

とLINEきてる・・・

 

きてる・・・!!!!!

 

えぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇーーーーーーうそでしょーーーーーー!!!

仕事は?保育園は?引っ越し先は?いつ引っ越すのーーー?????

もういろんなことがぐるぐるぐる・・・

 

誰か嘘と言ってぇぇぇぇぇぇーーーーー!!!!!!!

 

頭の中はこんな感じでしたが、同僚に悟られないよう平静を装って退社。

 

はい。転勤が決まった瞬間でした。

 

7月15日

やっぱありませんでした!をほんのり期待していたのですが、正式に辞令が出て大阪から東京への転勤が確定。

朝イチでわたしも上司に報告。。。

この上司は前職が夫と同じ金融機関なので、急な転勤があることは体験済み。なので話は早くて助かる。。

「いやぁ・・・大変っすね。。。こっちは全然大丈夫なんで、引っ越しとかのスケジュールなんとなく決まったらまた教えてください。多分東京でも、ポジションはいくらでもあると思うんで、タイミングさえわかってればこちらの異動はいつでも大丈夫です!

相変わらずのフレキシブルさに泣ける・・・涙。

ありがとうございます。。

 

Xデーは本当に突然やってくる・・・

 

転勤が転勤族の宿命であることはわかっていますが、前回同様今回も前日に転勤が決まるという横暴さ。。

感情を持っていたら人事なんてできない、というのもわかりますが

それにしても感情がなさすぎる・・・

たいていの会社では数ヶ月前には転勤がわかるらしいので、かなり稀なケースだとはいえそうです。一応念のため。

 

転勤族妻がこれからやること

◯引っ越し先探し(もう社宅は絶対嫌)

前記事:転勤族あるある。社宅での生活は・・・

保育園探し(異動はさせてもらえても保育園入れないと働けない)

仕事の引き継ぎ(スケジュール決めてからだけど多分あと2ヶ月の間には引っ越しするので)

 

幸い夫の会社の託児所に空きがありそうなので、一旦はそこで娘をお願いして早めにちゃんと保育園を探して移動してもらうという形で考えています。

本当に、娘に負担をかけてしまうことになるので申し訳ない。。

 

悲観的になっているばかりではない

幸い行き先が東京なので、わたしとしては嬉しいことも。

 

実家が近くなる(援助はほぼ期待できませんが、帰省費が大幅に浮く!!!)

友達と会える!

やりたかった仕事ができる!

 

なので、悲しいことばかりではありません。

もちろん、今の仕事も大阪でできた友達も大好きなので、突然の別れは本当に本当に悲しいですが・・・娘もせっかく保育園慣れてきたところだったし・・・

そんなことばかり言っていたら動けないので。先の楽しみを考える!

 

・・・切り替え早いなーわたし!

 

でもこれが、ストレスフリーでいるための最良の方法な気がします。

 

夜帰ってきた夫に「本当にあなたの組織の上の人たちは血も涙もないひどい人たちだなとは思うけど、異動することに対してはいいこともあるから大丈夫!」と話しすることができるくらいになっていて、夫はその切り替えの早さに驚いていました。。。笑。

 

そんなわけで、子連れの超スピード引っ越しをすることになりました。

可能な限りストレスフリーにできるように試行錯誤していきます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


トラックバック URL

http://smilerearing.com/archives/1112/trackback

PAGE TOP