幼児教室ってどうなの?体験いってみました!その1

こんにちは!yusakimiです♪

 

最近テーブルを使ったいないいないばぁがすっかり定着した娘。
わたしがご飯を食べていようが調べ物をしていようが関係なし。

「ふふふ、ふふ、きゃはは〜!!」と

元気に立ったりしゃがんだりを繰り返しています 笑
で、疲れて爆睡 笑

赤ちゃんは繰り返しが好きって本当なんだな。

 

さて、今日は

幼児教室

についてです。

 

保育園を調べているときに一緒に調べていて
幼児教育って大事なんだなーと思ったので

物は試し、体験レッスンに行ってみました。

まずはベビーパーク

詳細はこちら↓↓
親子教室ならベビーパーク

フランチャイズ展開しているので、全国に数え切れないほど教室あり
歩いて行かれる距離に教室があったので、予約していってみました。

こちらの体験のいいところは、
2回セットになっているところ。

1回目は先生との顔合わせと、幼児教育についてのお話し
最後10分くらい、こんな感じのことやりますよーっていうデモレッスン。
で、2回目は実際のレッスンに体験生として参加させていただきます。

無料ではなく2回で1000円と有料ではありますが、
どんなことをやるのか、何のためにそれをやるのか
しっかりわかったうえで実際のレッスンに参加できるので
とてもわかりやすくよかったです。

 

たしかにお話しを聞いていて
幼児教育って大事なんだなーと思いました。
3歳までで脳の80%が完成するんですって。

そりゃそこまでの間にいかに発達させるかって大事だわ。

だってそのあとどんなに頑張ってもあと20%でしょ・・・

ってなったら、絶対やらないよりやった方がいいに決まってます。

 

実際のレッスンは、
まずマザーリングといって、こどもが自由におもちゃで遊んでいる横で
先生とママたちで日頃困っていることや気になっていることについてお話し。

その後、
フラッシュカード、絵本の読み聞かせ(英語と日本語)、積み木でお遊び
ひらがなとアルファベットのうた
クッションなど障害物を使ったハイハイ、
ストレッチ的なこと、型はめパズル(ママがお手伝い)
といったものをやって、50分のレッスン終了。という感じ。

 

ベビーパークの方針として、
レッスンでやったことを
お家で継続してやってください
というものがあり
フラッシュカード以外はどれも家でできることばかり。

まーたしかに、この月齢の子が週1回50分何かやったからって
それだけで劇的に変わるわけはなく。
そういう方針もすごく納得できました。

 

が、

結果入室はしていません

理由はいろいろあるのですが、
主には2つで

・レッスンとお昼寝の時間が丸かぶり
月齢ごとにクラス分けされているのですが、
娘の月齢のクラスは13時50分から。
だいたい毎日のお昼寝が14時台からなので、丸かぶりです。

週1回のこととはいえ、眠くてごきげんななめな中
毎週レッスンに参加させるのはちょっとな・・・と。

・コスト面
月15000円のレッスン料。
決してめちゃ高なわけではないのですが、
これを毎月この内容のレッスンのために使うなら
毎日遊べるおもちゃとか、土日に家族でドライブいくとか
そういうことに使った方が有意義なのではないかと。

他には、フランチャイズなので教室によって
レッスンの内容に差があるだろうなーと思ったこと。

夫が転勤族なので、こちらの教室には長く見積もっても1年半しか通えません。
下手したら半年も通えないかも。
そうなったら、転室はさせてもらえるようなのですが
質が保たれているかどうかはいってみないとわからないのでめんどくさい。

 

と、こんな感じで結局見送りました。

ただ、こちらで学んだことはすごく多くて
絵本の読み聞かせの読むスピードとか
日々の接し方とか、数を意識して一緒に数えてみるとか
自然にやるようになりました。

そして何より一番大きいのは

結局、

お母さんが笑っていることが一番大事

ある意味それが全てですよ

ぐらいなことを言われて

 

それについていろいろ説明してもらえて

あぁーそうなのかーってすごくすごく納得できたこと。

わたしがこのブログを
始めるきっかけになったともいえます。
笑顔でいるための大敵はストレス
これをなくさないと、お母さんが笑っていられないから。

それが改めてわかっただけで、体験いった甲斐がありました。

 

迷われている方は、体験だけでもいってみることをお勧めします!
少なくとも1000円の価値はあると思いますよ♪

 

詳細はこちらからご覧ください
↓↓
親子教室ならベビーパーク

 

今日も笑顔で、ストレスフリーな子育てを♪

にほんブログ村 子育てブログ 2014年4月~15年3月生まれの子へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


PAGE TOP